世界のおはなしを英語であそぼう‼

小山市 ラボたなかパーティへようこそ!

Thank you for coming to my homepage!

 

お忙しいところ、ラボ たなかパーティのホームページへお越しいただき、ありがとうございます。

お茶もお菓子もありませんが、どうぞごゆっくりおくつろぎください。

 

日々の子どもたちの様子を中心に、英語習得について、子育てについて、絵本についてなど、つれづれなる思いをつづっております。 

 

ブログは右側のFacebookをご覧ください。

パーティのこと、英語のこと、おはなしのこと、子育てのこと何かのお役に立てれば幸いです(*^^*)

 

 

◆◇◆ 5月 体験会のお知らせ ◆◇◆

 

1~3才さんとママのクラス(Play Room)

  5月   6日(土) 10:00~11:00

    10日(火) 10:30~11:30

    24日(火) 10:30~11:30

    27日(土) 10:00~11:00

 

幼児クラス(Kiddy Calss)

  5月   6日(土) 13:00~14:00

    10日(火) 15:30~16:30

    24日(火) 15:30~16:30

    27日(土) 13:00~14:00

 

小学生クラス  

  5月   6日(土) 13:00~14:00

    10日(火) 17:00~18:00

    24日(火) 17:00~18:00

    27日(土) 13:00~14:00

 

♡1回だけの参加でもOKです。ご都合に合わせてお選びください。

♡動きやすい服装でお越しください。

♡お申し込みは、ご希望日の2日前までにお願いします。

 

 

絵本カフェ『英語の手あそびとおはなし』

@cafe-eluaさん 風呂敷市

 5月26日(金)

   ①10:00~ ②11:00~ ③13:00~

 参加費300円

  (資料代込み お土産付き)

 

小山市城東にある、隠れ家的なカフェでおはなし会をします。

『おはなし会』と言っても、絵本を読むだけでなく、マザーグースのうたを使った手遊びなどの親子遊びも満載です。

体験会は敷居が高い…と感じる方も、お気軽に遊びにいらして下さい。

風呂敷市(フリーマーケット)の1コーナーですので、掘り出し物に会えるかも?

 

※eluaさんのおいしいお茶と共に癒しの時間をどうぞ♪

cafe-eluaさんHP http://cafelua.web.fc2.com/index.html

2016年

2月

19日

英語が話せるようになりたい!

もちろん「英語の教室」に通うのですから、そう思うのは当然といえば当然ですよね?

ですがラボは0歳から通えるので、最初はおうちの方の「我が子が英語で困らないように…」という思いで始めるラボっ子も多いのです。

幼い時は英語/日本語なんていう垣根なしに、ラボで遊ぶことが楽しい!という思いだけで毎週”Hello!”とやってきます。

 

1歳でラボを始めたKちゃんも、そんなラボっ子でした。好きな歌は声に出して、よくわからない歌は元気にダンスで楽しんでいました。

…が、小学生になって初めての発表会。セリフだけでなく、ナレーションにも挑戦しました。

最初の頃はささやくような小さな声でりっぴぃの後について言っていたのですが、練習を重ねたある日、突然意を決したように、堂々と語るようになっていました。

 

発表会を終えてしばらく後のパーティで、今度は「英語、話せるようになりたいな…」とぽつり。おや?と思って目を向けると、決意したように「英語、話せるようになりたい!」と訴えてきました。

「Kちゃん、発表会かっこよかったよね。立派に英語でセリフもナレーションもできたね。歌もたくさん歌えて、知ってる英語もたくさんあるよね。Kちゃん、英語ちゃんと話せてるよ」と応えると、

「もっと!もっと話したい!! 書けるようにもなりたい!」と、目を輝かせました。

「じゃ、ラボ一緒にがんばろうね。いっぱい話して、書いていこう!」と話すと、「うん!がんばる!!」と、ますます瞳を輝かせていました。

 

それからというもの。

お手紙で「ラボがんばるね!」と伝えてくれることが増えました。

初めて取り組む歌も、すぐに聞こえてきたものを声に出そうとしている様子が感じられ、長い歌もCDと一緒にほぼフルコーラス歌えるようになってきました。テーマ活動(英語劇)でも、一所懸命にCDを聞いて今まで以上にセリフをマネして言っています。

彼女はまだ小学1年生。「好きこそものの上手なれ」というのはまさに彼女の状態を指すのだと感じます。

 

伸びたい!と願って努力する子どもたち。この熱い思いにこたえねば!と、ますます気合が入るテューターなのです。

0 コメント

2016年

2月

11日

思いを一つに! おはなしを楽しむ♪

支部の中高大生発表会が行われました。

普段のパーティ(教室)から飛び出し、各地区の中高大生が集まってテーマ活動(おはなしの劇化表現活動)を作り上げます。

たなかパーティからも、"との"が初参加しました。

 

我が栃木地区の中高生が取り組んだおはなしは、古き良きアメリカの子どもたちの日常を描いた『ロージーちゃんのひみつ』

幼い子どもたちになりきって、のびのびと表現を楽しんでいました。

 

他の地区からは、ファンタジーあり、伝記あり、神話あり…多種多様なおはなしが、それぞれのグループの感性で描きあげられていました。

 

まだ活動対象ではない小学生たちも、みんなで電車に乗って見に行きました。

初めて出会うおはなしが英語のみで語られるものも多かったのですが、中高大生の表現に魅了されて、それぞれの感性で受け止めていました。

 

ラボでは、英語を学ぶと同時に感性も磨いています。

伝えたいと思う気持ちが、表現力を磨きます。そして、相手が訴えることを知りたいと思う気持ちが、受け取る力を磨いています。

 

 

0 コメント

2016年

1月

14日

Play with Monkeys!

年明け最初の子育て支援活動を行いました。

干支の「猿」にちなんで、お猿さんの出てくるライムで楽しみました。

0歳のお友達が多かったのですが、まん丸のかわいらしいお目目でじーっとこちらを見てくれ、パペットにも興味を持ってくれました。

音楽をかけると全身でリズムをとったりしてこちらが癒されました(^^♪

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

11日

憧れは成長に! 交流合宿大成功!

毎年恒例の、支部の有志Partyと交流合宿を行いました。

普段ラボではグループリーダーを高校生が、全体リーダーを大学生が企画・運営していくのですが、この合宿では規模を小さくして、中学生からグループリーダーを、高校生から全体リーダーに挑戦しています。

参加するキャンパーたちも、そんなお兄さんお姉さんの不器用だけれど頑張っている姿に、自然と協力し、憧れ、尊敬するようになっています。

子どもたちの学びあう姿。伸びあうこころ。目の前で急に成長を見せれくれることもあり、そんな時は何物にも代えがたい喜びを感じます。

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

07日

Happy Happy 2016!

明けましておめでとうございます。

このページを見てくださったみなさまにとって、2016年が実り多き良い年となりますように。

 

たなかパーティでは、本日7日がラボはじめとなりました。

全国キャンプに参加した小3男子、昨日帰ったばかりという興奮のままに、キャンプでの様子を報告してくれました。

 

そこで覚えてきたという英語のゲームを教えてくれたり、キャンプで踊ったフォークソングを教えてくれたり…。普段は「教える」というポジションに構えがちな彼も、楽しかった気持ちを伝えたい思いに突き動かされるように、目を輝かせて一所懸命教えてくれました。

 

今週末には支部の有志パーティとの合宿も待っています。

体験は、子どもたちが成長する大きなチャンス!

今年も子ども達が楽しみながら伸びていく場をつくっていきます!

 

ラボに興味のある方は、どうぞお気軽にメッセージをお願いいたします。

0 コメント

2016年

2月

19日

英語が話せるようになりたい!

もちろん「英語の教室」に通うのですから、そう思うのは当然といえば当然ですよね?

ですがラボは0歳から通えるので、最初はおうちの方の「我が子が英語で困らないように…」という思いで始めるラボっ子も多いのです。

幼い時は英語/日本語なんていう垣根なしに、ラボで遊ぶことが楽しい!という思いだけで毎週”Hello!”とやってきます。

 

1歳でラボを始めたKちゃんも、そんなラボっ子でした。好きな歌は声に出して、よくわからない歌は元気にダンスで楽しんでいました。

…が、小学生になって初めての発表会。セリフだけでなく、ナレーションにも挑戦しました。

最初の頃はささやくような小さな声でりっぴぃの後について言っていたのですが、練習を重ねたある日、突然意を決したように、堂々と語るようになっていました。

 

発表会を終えてしばらく後のパーティで、今度は「英語、話せるようになりたいな…」とぽつり。おや?と思って目を向けると、決意したように「英語、話せるようになりたい!」と訴えてきました。

「Kちゃん、発表会かっこよかったよね。立派に英語でセリフもナレーションもできたね。歌もたくさん歌えて、知ってる英語もたくさんあるよね。Kちゃん、英語ちゃんと話せてるよ」と応えると、

「もっと!もっと話したい!! 書けるようにもなりたい!」と、目を輝かせました。

「じゃ、ラボ一緒にがんばろうね。いっぱい話して、書いていこう!」と話すと、「うん!がんばる!!」と、ますます瞳を輝かせていました。

 

それからというもの。

お手紙で「ラボがんばるね!」と伝えてくれることが増えました。

初めて取り組む歌も、すぐに聞こえてきたものを声に出そうとしている様子が感じられ、長い歌もCDと一緒にほぼフルコーラス歌えるようになってきました。テーマ活動(英語劇)でも、一所懸命にCDを聞いて今まで以上にセリフをマネして言っています。

彼女はまだ小学1年生。「好きこそものの上手なれ」というのはまさに彼女の状態を指すのだと感じます。

 

伸びたい!と願って努力する子どもたち。この熱い思いにこたえねば!と、ますます気合が入るテューターなのです。

0 コメント

2016年

1月

11日

憧れは成長に! 交流合宿大成功!

毎年恒例の、支部の有志Partyと交流合宿を行いました。

普段ラボではグループリーダーを高校生が、全体リーダーを大学生が企画・運営していくのですが、この合宿では規模を小さくして、中学生からグループリーダーを、高校生から全体リーダーに挑戦しています。

参加するキャンパーたちも、そんなお兄さんお姉さんの不器用だけれど頑張っている姿に、自然と協力し、憧れ、尊敬するようになっています。

子どもたちの学びあう姿。伸びあうこころ。目の前で急に成長を見せれくれることもあり、そんな時は何物にも代えがたい喜びを感じます。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

19日

ピノッキオを楽しもう

12月の発表会に向け、少しずつ準備を始める時期になりました。

今年は『ピノッキオ』に挑戦するので、先週まで読み聞かせをしてきました。

そして活動の手始めに…と、”ピノッキオ”を作ってみました。

 

「ピノッキオって何だっけ?」と問いかけると

「木の人形!」「操り人形!」「自分で歩くんだよ」「喋るよ!」と子どもたち。

 

「どんな特徴があるんだっけ?」と訊くと

「鼻が長い!」と即答です♪

 

バックミュージックがわりに、おはなしのCDを聴きながら、早速、紙コップと厚紙・色紙を駆使して人形作りが始まりました。(「紙なの?木じゃないの?」と言う子どもたち。「紙って木から出来てるんだよ~」と言うと、「あ!そっか」ですって♡)

 

作るのに夢中になって、出来たら動かすことに夢中になって、気付いたら写真を撮るのを忘れていました!

…仕方がないので、自電車できているラボっ子の作品(荷物が多くて持ち帰れなかったので)と、りっぴぃのものでご容赦を。

 

操り人形は作るのはもとより、動かすのも結構難しいのですが、ラボっ子たちはみるみるコツを掴んで踊らせていました。

 

これからそれぞれの”Myピノッキオ”と一緒に、おうちでもたくさんCDを聴いてお話を楽しんでいこうね♪

0 コメント

2015年

6月

14日

集まれば、なんだってできる!

同期7パーティが集まって、『ベリー交流会』を行いました。普通の交流会じゃなく、very交流会です♪


実行委員はなんと小中学生!各パーティの代表として、小4~中1のラボっ子がこの日のために実行委員会を行い、各自の準備活動をしてきました。そして、アドバイザーとして高校生がサポートしてくれました。


続きを読む 0 コメント

2015年

4月

24日

ラボはまちがえるところだ!

先日のパーティでのこと。

お休みが重なってしまい、いつもよりさらに少人数のラボ。
ちょっと予定を変更して、英語のゲームをしました。
いつものリーダー的存在の子がお休みなので、英語の指示に躊躇する子どもたち。...
「それってこういうこと?」と、自分の考えが合っているか、日本語で確認してきます。もちろん合っていたので「そうだよ」…と言ってしまえば簡単なのですが、一回ゲームをストップして読んだ絵本がこれです。

『教室は間違うところだ』
※「教室」の所を「ラボ」に置き換えて読みました。

自転車だって、最初から乗れたわけじゃない。何回も転んで、何回も痛い思いして、それでもやり続けたから乗れるようになったんだよね…そんな風に、英語も「こうかな?」と思うことをいろいろ試して、自分の力で「できた!わかった‼︎」を見つけてみよう!

…その後のゲームの続きでは、ミスと言う名のナイストライを繰り返し、正解を見つけた時の「えっへん」と表現したくなるような満足そうな笑顔がたくさん見られました。

毎年春には必ずと言っていいくらい読んでいるこの絵本。
失敗は誰でもドキドキするものだけれど、そのドキドキを超えることはパワーがいることだけれど、その先の大きなワクワクを知れるチャンスでもある…ラボがそんな場である事を確認しています。

もっと見る
ラボたなかパーティさんの写真